Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  クラブワールドカップ2012 >  コリンチャンスのスーパーサブ ロマリーニョについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コリンチャンスのスーパーサブ ロマリーニョについて

クラブワールドカップの検索でこのブログを訪れる人が多いようだ
今回はコリンチャンスのロマリーニョについて紹介したいと思う
まだ日本語のwikiがないんだね


ロマリーニョ wiki

本名はロマーリオ・リカルド・ダ・シウヴァ(Romário Ricardo da Silva)
1990年12月12日 サンパウロのPalestinaというところの出身
調べてみたらこのPalestinaという町はサンパウロから北へ500kmのところに位置する人口1万ちょっとの超田舎だ!
ロマリーニョとは小さいロマーリオという意味だが先生の息子という訳ではない
ただ彼の父親ロナウドと祖父のマリオの名を合体させただけ

ロマリーニョは2010年にサンパウロのAmericanaという町のRio Brancoでキャリアをスタートさせた
その翌年にはSão Bernandoへ移籍。しかしながら当時はピッチで特に目立つこともなく、どこにでもいる普通の選手であった

ロマリーニョが注目をされ始めたのは2011年から2012年の始めの間にプレーしていたBragantino時代
州選手権で23試合18ゴールの活躍を見せ、そのアビリティと芸術的テクニックで多くのビッグクラブのスカウトの目を釘づけにさせたのだ

サントス、サンパウロなどが獲得に乗り出したがロマリーニョが選んだ先はコリンチャンス
当初はレンタル移籍の予定であったが結局4シーズンの契約書にサインをした



ロマリーニョがコリンチャンスから愛されている理由
それは大事な場面でゴールを決め幾度となくチームを救ってきたスーパーサブなのです

初めてスタメン出場を果たしたパルメイラスとのクラシコ
2つのスーパーゴールを決めチームを大逆転させる↓


リベルタドーレス決勝のファーストレグ
敵地のボカジュニオール戦で1点ビハインドの状況で残り10分で投入され
ファーストタッチで値千金のゴール↓

このゴールはコリンチャンスの中で伝説になっている
あの大舞台で当時21歳とは思えない落ち着きぶりだ!



初戦はエメルソンと交代で出場したみたいだが
また決勝戦で何かをやらかして欲しい!
コリンチャンスのロマリーニョに注目です☆
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング