Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  独り言 >  田中達也の戦力外通告について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

田中達也の戦力外通告について

田中達也戦力外、浦和が発表 現役続行へ条件こだわらず


というニュースをみた


田中達也は高校時代から知っている
高校選手権で初めて田中達也を見たときは衝撃的だった!
確か帝京高校VS鹿児島実業の試合だったと思う。田中達也はフィールドプレーヤーが全員3年生の中で唯一2年生で出場していた。
テレビの解説は“小沼監督にドリブルを許された唯一のプレーヤー”と紹介していた。
その名の通り一度ボールを持てば必ずドリブルで仕掛け、DFを一人二人とかわし、そのプレーはまるであのアルゼンチンのオルテガを彷彿させた

これまで高校選手権は、市船の北嶋、流通大付の大前、鹿児島城西の大迫(ハンパない)など多くのストライカーを排出してきたが、未だに僕の中では田中達也のインパクトが一番強い。

彼は3年時には全国大会に出場することはできなかったが、卒業後浦和レッズ入団決定の報道を見て“やっぱ見てるやつは違うね~”などとクラスメイトと話していたことを覚えている


そんなことがもう12年も前。
同年代の選手のこういうニュースを見ると時代の流れを感じずにはいられない
10870814.jpg
関連記事
[ 2012/11/20 13:53 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング