Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  ブラジルサッカー >  コリンチャンスTVは大赤字

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コリンチャンスTVは大赤字

コリンチャンスTVが月R$10万の赤字で火の車状態らしい
TV-Corinthians.jpg


去年の3月1日からスタートしたコリンチャンスのサッカー情報をバンバン放送していくコリンチャンスTV
この放送が月々R$10万の赤字を出しているそうだ R$10万というと500万円弱くらい?
チームと経営者のCarlos Carreiras氏がコリンチャンスTVにR$300万を投資したが現状は厳しい状態


それに比べてサントスTVはネイマール効果でかなり儲けているようだ
サントスTVといえば日系新聞で以下の記事を以前みつけました↓

東大卒の坂本氏を抜擢
サッカー通して日伯の懸け橋に

 昨年リベルタドーレス杯(サッカー南米選手権大会)に優勝し、日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに南米代表クラブとして出場したサントスFC。15日、主に日本市場で同クラブの存在感を拡大しブランドを確立するため、コミュニケーション(広報)部門内に新しく「文化コンサルタント」と名付けたポストを設け、日本への広報活動全般を委ねることとなった。文化コンサルタントとして同クラブと提携を結んだのは坂本敬史氏(27、鳥取)で、今年3月まで東京大学文学部に在席していた。提携について坂本氏は「サッカーの力を借りて日伯両国の懸け橋になることができれば。このチャンスを多くの人と分かち合いたい」と語った。

サントスFCは4月に創立100周年を迎えたブラジルの名門クラブで、聖州選手権で20回、ブラジル全国選手権でも8度の栄冠に輝いている。60年代には「サッカーの神様・ペレ」によって世界中にその名を知らしめた。その後、長らく国際的な表舞台から遠ざかっていたが、同クラブから国民的アイドルのネイマールが誕生したことにより2011年に48年ぶりにリベルタドーレス杯を制し、現在は世界で最も注目されるクラブの一つとなった。

坂本氏が文化コンサルタントとして行う仕事は、主に同クラブの公式日本語サイトを充実させ、日本市場に向けて同クラブの情報を発信するほか、あらゆる手法でサントスを日本の様々な媒体に登場させることだ。また、同クラブと日本の自治体や企業などを結び付け、イベントの開催を目指すという。

同氏は昨年末、FIFAクラブワールドカップの決勝「サントスFC対バルセロナ(スペイン)」を横浜で観戦。ネイマールのプレーに心を打たれ、「サントスFCに携ることができれば」と考えて今年2月末に渡伯。同クラブを訪問し、日本語サイトの充実の必要性や日本市場向けの様々な企画を提案した。同氏の提案はコミュニケーション部門のスタッフに認められ、坂本氏は早速フェイスブックに同クラブの公式日本語ページなどを立ち上げている。同氏は取材中も「今は頭の中にアイデアがいっぱいある」と様々な企画を披露してくれた。

同クラブコミュニケーション部門長のハゼ・アルナルド氏は、「タカ(坂本氏)はサントスにとって素晴らしい提案をしてくれた」と今回の提携について語っているという。サントスFCが今回、文化コンサルタントというポストを設置した背景には、伯国内の好景気とは対象的に同クラブがグローボ局と交わしている契約でのテレビ放映権料が15年まで値上がりしないことや、2万1256人しか収容できない本拠地ビラ・ベルミロでの入場料収入が頭打ちとなっていることから、新たな収入源確保の可能性をアジアをはじめ、ブラジル外に求めていることなどがある。





また、潜在的な市場は日本より中国の方がはるかに大きいが、日伯間のサッカーの歴史や同クラブが日本で行われたFIFAクラブワールドカップに出場したこ となどを踏まえ、アジア市場の足掛かりとして成熟した日本市場の存在は無視できないと考えているからだとみられる。坂本氏によると「現在、クラブのミュー ジアムの入場者の約2割は日本人観光客が占めている」という。

欧州サッカークラブの日本市場でのマーケティング支援を行っている代表的な企業に「Amazing Sports Lab Japan」(浜田満社長)があり、バルセロナやACミラン、アーセナル、ユベントスなどと提携し、着実に欧州クラブの日本人ファンを増やしている。最近 では数多くの代表選手がブンデスリーガ(ドイツ)に所属しているため、ドイツのクラブの存在感が日に日に高まっている。

一方、南米のクラブでは隣国アルゼンチンの名門、ボカ・ジュニアーズが日本支部を置いて活動しているが、それ以外にはそれほど目立った活動や提携は行われていない。

今回、坂本氏のコンサルタント業務が軌道に乗れば、日本市場でブラジルのクラブのブランド価値が高まると同時に、伯国選手の技術やクラブ運営のノウハウがさらに日本にもたらされ、両国の利益につながりそうだ。

2012年5月25日付



ソース↓
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9009/cat/105

コリンチャンス12月の来日に向けてまた誰か企画したらおもしろいんじゃない?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング