Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  ブラジルのこと >  感動!Facebookで20年ぶりに家族と再会したホームレスの話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

感動!Facebookで20年ぶりに家族と再会したホームレスの話

なんか面白いニュース見つけた!
ホームレスのおじさんがFacebookで20年ぶりに家族と再会したそうだ
poeta.jpg


サンパウロのAlto de Pinheiros地区で30年以上路上生活をしているRaimundo Alves Sobrinhoさん(73)が
ゴイアニアに住む4人兄弟のうちの一人であるFrancisco Thomaz Arrudaと再会しました
再会の様子↓
raimundo2.jpg

Raimundoさんは60年代に家を出てサンパウロへやってきたが、80年代中頃から連絡が途絶えたという
家族は新聞や雑誌やインターネットを使って彼の居所を探したが有力な情報は得られなかった
しかし2011年9月、Franciscoさんの妻が偶然にRaimundoさんのプロフィールをFacebookで見つけたのだ!
早速彼のプロフィールを作った人物である、Shalla Monteiroさんとコンタクトをとった
2週間後Franciscoさんはゴイアニアから車でサンパウロへ駆けつけ実に30年ぶりに兄弟と再会したのだ

Raimundoさんは兄弟の住むゴアニアへ移る計画だが、何十年もの路上生活から家族との生活に馴染めるか懸念があるそうだ。
年を取ってしまった。面倒をかけたくないので戻らないと言っているが、家族は既にRaimundoさんの為の部屋を用意し、パソコンを含めた生活用品を揃え受け入れ準備は整っているという
2か月後政府の援助もあり、家族はRaimundoさんを路上生活から救うことに成功

Shalla Monteiroさんは2011年の5月にRaimundoさんと知り合った
Facebookを作ったのは73歳の誕生日を迎えた10日後だった
プロフィールを作成する前にShallaさんはRaimundoさんにインターネットとはなにか、ソーシャルネットワークとはなにかを説明し承諾を得たという
Raimundoさんはただ
”もし君がこんな物乞いの為に時間を無駄にしたいのなら”
とだけ言ったそうだ

最初に彼のプロフィールを見つけた時、家族はびっくりしてどのようにしてプロフィールを作成したのか尋ねたという。なぜなら何年も前から路上生活者になっていたことを知っていたからだ
Shallaさんは家族に全てを説明した
Shallaさんは言った

Facebookで家族と再会するなんて思ってもみなかったわ。しかし何かの見返りがあったのね。一緒に過ごしていた間、私はいつも住人や警察や子供にまで挨拶をされている彼の人望に気付いていたわ



Raimundoさんはひどく痩せていた為、始めのうちはビタミンを摂る必要があった
それから髪を切り、プラスティックのカッパの代わりに服を着る
Raimundoさんはシャワーを浴びる場所がなかった為、服はキノコやバクテリアがわくという理由から着たがらなかった。プラスティックのカッパ、特に黒はそれがないしおまけに断熱効果があると言っていたそうだ

Raimundoさんが生まれたところは相当な田舎であったらしく、高校で勉強を続ける為にサンパウロへやってきたのだと言う
始めは家族の友人の家に住んでいた。しかしその家族の友人が引っ越しをし独りになってから連絡が途絶えたという。それまではRaimundoさんは月に一度愛情のこもった手紙を両親に送っていた。手紙だけではなくプレゼントも送っていて最後に母親に送ったのはミシンだった

サンパウロでRaimundoさんは本屋や庭師として働いていた
Facebookには彼が庭師として働いていた時に覚えていた人もいるという
Raimundoさんは1600クルゼイロの家賃を支払って小さな部屋に住んでいたが、やがて財産が家賃より少なくなるとホームレス生活になってしまった

1980年代にRaimundoさんはあるTV番組に出演しそこで家族の友人により発見される
友人はRaimundoさんの為ゴイアニアまでのエアーチケットを支払い連れ戻した。彼は20日間滞在したが気に入らず結局サンパウロへ戻りたいと言った。兄弟がバス代を支払いRaimundoさんは再びサンパウロへ戻ることになり
、それ以来音信不通になってしまったという

Raimundoさんは路上で誌を書いており、いつか自分の本を出版するのが夢だったという
出版社に赴いては幾度となく門前払いにされていたそうだ
ShallaさんがFacebookを作った理由の一つにRaimundoさんの作品を知ってもらう為という目的もあった
テクノロジーを駆使し路上生活者の違った視線から、人々にRaimundoさんのような異才を知って欲しかったのだという
raimundo4.jpg

実際のRaimundoさんのFacebook


前にブログから有名になった売春婦のサクセスストーリーも紹介したけど
やっぱインターネットの力って凄いな!
→ ブルーナ・スルフィスチーニャ
関連記事
[ 2012/05/27 08:55 ] ブラジルのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング