Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  ブラジルサッカー >  サッカー選手を巻き込んだ娼婦の事件簿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サッカー選手を巻き込んだ娼婦の事件簿

サッカー選手を巻き込んだ売春婦の事件簿で~す↓


vagnerlove-jpg_214056.jpg
ワグネル・ラブはかつてポルノ女優のPamela Buttとの絡み映像がネットで流出したことがあるが、その件について嫁はノーコメント。最近プレイボーイ誌のインタビューでもサッカー選手の乱交について詳しく語ってくれた。顔に似合わずまさにLOVE






104435-john-terry-jpg_214055.jpg
ウェイン・ブリッジとジョン・テリーはイングランド代表でとても仲良しだった!しかし2010年の始めにジョンテリーが親友の元彼女と関係を持ったことをイギリスのタブロイド紙にすっぱ抜かれたのを皮切りに、次々とイギリスの娼婦達がジョンと関係を持ったことを暴露。選手はこの件についてはノーコメントだが、家庭はほぼ崩壊し代表でのモラルも急降下した。






balotelli-jpg_214056.jpg
”バロテッリはルーニーより床上手”と衝撃発言をしたのは娼婦のJenny Thompson。二人のサッカー選手を巻き込んだこの問題発言により、ルーニーに至っては家庭崩壊の危機に陥っている






bruno-elisa-jpg_214056.jpg
ありましたねこの事件!Eliza Samudioは自分の子供の父親は当時フラメンゴのGKであったブルーノであると主張したが男は事実を認めなかった。Eliza Samudioさんは2010年行方不明となり、ブルーノは衝撃の供述を始める
詳しくはここ↓
フラメンゴのゴールキーパーが愛人を殺した事件
元交際相手であったDayanneはEliza Samudioは娼婦であったことを認めた。
ちなみにこのブルーノは2008年にも仲間達と娼婦絡みの事件を起こしている






costadomarfim-jpg_214056.jpg
2012年アフリカネーションズカップの大会期間中、コートジポワール代表選手らがオフの日を利用してガボンの娼婦達と乱交パーティーを行った。何人かの選手はパパラッチされてしまったがコートジボワールサッカー協会は事実をもみ消した






cristiano-jpg_214102.jpg
二枚目で金と名誉もあるクリスティアーノ・ロナウドもかつて娼婦のトラブルに巻き込まれた経験が2回ある。一つは関係を持ったSilvio Berlusconiは実は未成年であったこと。そしてもう一つはブラジル人娼婦でコイツがなんと”クリスティアーノ・ロナウドの恋人”宣言をし挙句の果てにドラッグを使用していると思われるビデオを公開。これに対しクリスティアーノ・ロナウドはマジギレし女を訴えた






crouch-jpg_214101.jpg
妻の妊娠中にスペイン人娼婦のMônica Mintとお出かけしてるところをパパラッチされたのはイングランド代表のクラウチ。二人の出会いは2010年ワールドカップでイングランドがドイツに敗れ大会を敗退した直後だったという






mexico-14-630-jpg_214102.jpg
メキシコ代表一団が14人の売春婦と1人とホモを呼んでホテルでパーティーを開催。これに対しメキシコサッカー協会はSalcidoとVelaを処罰。数試合の出場停止処分に。両選手は国民に謝罪した。






neymar-630-jpg_214101.jpg
2010年、グレミオとの試合後ネイマールと他2人の選手らが滞在していたホテルに9人の娼婦を呼んでパーティーを行った。これが元で当時のチームの監督であったDorival Júniorが解雇。そしてつい最近もリベルタドーレスでインテルと引き分けた後ネイマールは再びパーティーを行った。今回は1人遊びのようだったがエレベーターに閉じ込められたものの記者が駆けつける前にガードマンに救出されフライデーは免れたようだ!






renatogaucho-jpg_214102.jpg
リオデジャネイロの夜の帝王と言えばレナート・ガウーショ。来る者拒まず、選手たちからの遊びの誘いも決して断らないそうだ。”彼女たち求めている。だからそれを見過ごしちゃダメなんだよ”と石田純一みたいな名言を残した






ribery-630-jpg_214107.jpg
未成年の売春婦の話はヨーロッパではよくあること(らいし)フランス代表のリベリーが17歳の娼婦Zahia Deharとの関係を認めた時は刑務所行き寸前だった。しかし彼女が成人であったとウソをついていたことが立証され結局セーフ






ronaldinho-630-jpg_214107.jpg
レナート・ガウーショを除けばリオデジャネイロで最もやんちゃなのはロナウジーニョ。イタリア首相Silvio Berlusconiのパーティーに参加したことを認め、毎週末にリオのクラブで美女をはべらせている。
関連記事↓
ロナウジーニョとアドリアーノがまた夜遊びをフライデーされる
やりたい放題のロナウジーニョ



ronaldo-jpg_214107.jpg
3度目のヒザの大けがの後、リオデジャネイロにいたロナウドはお楽しみをしようとしていた。たちまち3人のオカマの騒動に巻き込まれ国内中の笑いものになってしまった
詳しくはここ↓
ロナウドとおかま






rooney-630-jpg_214108.jpg
ルーニーは娼婦にどうも溺れているようだ。Jenny Thompsomの他にも別のイギリス人娼婦のトラブルに巻き込まれている。家庭はほぼ崩壊しているがタブロイド紙を賑わせている






saha-jpg_214108.jpg
エバートンのFWサーもまた大人の祭りの絶対参加主義者である。”サッカー選手ってのは売春婦が好きなのさ”発言が波紋を呼んだ





かつて日本代表に合宿所を抜け出しキャバクラへ行っていた選手がいましたが、世界に比べればそれはまだかわいい方では?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング