Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  南米 >  容赦なし! 実の息子をガチで削りに行くアボンダンシエリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

容赦なし! 実の息子をガチで削りに行くアボンダンシエリ

アルゼンチンのGKにアボンダンシエリっていましたね。すごくキックが正確な。
去年のFIFAワールドカップではインテルナシオナルの一員として日本でもプレーしました。
長年アルゼンチンのゴールマウスを守ってきた彼も今や38歳。
先週の土曜日にアルゼンチンのサンタフェで引退試合を行いました。その試合での出来事。
フィールドプレーヤーとして参加した彼は、敵チームでプレーしていた実の息子にボールを奪われると
それをガチのスライディングで奪い返しました




8000人の観衆は素でひいてたとかひいていないとか
ちなみにこの試合でアボンダンシエリは2ゴールを決め7-4でチームの勝利に貢献

ピッチに入ったら老いも若きも関係ない。それが南米サッカーってか!?
関連記事
[ 2011/07/02 11:02 ] 南米 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング