Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  ブラジルのこと >  グロい事件 フラメンゴのゴールキーパーが愛人を殺し遺体を犬に食べさせる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グロい事件 フラメンゴのゴールキーパーが愛人を殺し遺体を犬に食べさせる

ブラジルで連日報道されているこの事件

最初にみた時はびっくりしました

なぜならこのフラメンゴのゴールキーパーは僕の友人の幼なじみだからです

ブルーノは僕がブラジルに滞在していたいたベロオリゾンチのRiberao Neves出身なのです

地元で彼は超有名でコリンチャンスへ移籍した時はかなり話題になってました

アトレチコ・ミネイロのジュニオールで一緒にプレーをしていた友人からよく話をきかされていたのでした

さて時期セレソン候補とも言われていたそのブルーノが何をしたかと言うと↓




殺されたエリーザさん↓
4gksa07eyzig1fc7m2lz655k9.jpg

犯行をタレこんだのは17歳のブルーノのいとこ

事件の概要はこう↓

ブルーノの愛人であったエリーザさんが妊娠

妊娠5カ月の時にブルーノに中絶の薬を無理やり飲まされる

結局子供が生まれて、認知と養育費のことで裁判に

ブルーノが愛車のレンジローバーでエリーザさんをリオからベロへ連れていく

ベロにつくとブルーノは仲間のマカハオンとセールジオに相談「問題を解決してくれ」

セールジオはエリーザさんに強要し、友人に電話をかけさせ子供と無事にいると言わせる

その後別荘があるヴェスパジアーノへ行き、ボーラがエリーザさんの両手を縛り、背後から首を絞めて殺害

遺体を袋に入れ犬小屋へ

元警察官マルコスがエリーザさんの手を拳銃で撃ち、飼い犬の4匹のロットワイラーに食べさせる

その後ブルーノがマカハオンとセールジオに確認「終わったか?」

その後調査で彼の別荘のベッドに被害者の血痕と髪の毛がみつかったのが決め手となり殺人事件の首謀者として逮捕

8omjvvkxtvekax637u7avqan6.jpg
多分終身刑になるっぽいです
関連記事
[ 2010/07/15 14:50 ] ブラジルのこと | TB(0) | CM(2)
Re: フラメンゴのゴールキーパーが愛人を殺した事件
いまだに未解決ですが、みんなまだ刑務所にいます。

記事に細かく書けないくらい悲惨な事件ですね。

[ 2010/07/16 21:04 ] [ 編集 ]
Re: フラメンゴのゴールキーパーが愛人を殺した事件
>gauchaさん

いろんな人が事件に絡んでるみたいですね!
今日のニュースでブルーノの元愛人と元婚約者にも事情聴取するって出てました。どんだけ女いるんだか・・・・
[ 2010/07/16 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング