Vamos ao Brasil

ブラジルサッカー、ブラジルの音楽、おもしろニュースなど。ポルトガル語をひたすら翻訳
Vamos ao Brasil TOP  >  スポンサー広告 >  2010ワールドカップ >  2010年セレソンメンバー紹介 MF編①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年セレソンメンバー紹介 MF編①

カカ
Kaká(カカー)

1982年 4月22日                          ブラジリア出身
身長186cm 体重82kg                      レアルマドリード所属
ワールドカップ出場3回目(2002,2006)        代表歴74試合26ゴール
 

説明不要 パーフェクトガイ

サッカーがうまくて、英語もしゃべれて、奥さんが綺麗な羨ましいやつ

ホナウジーニョがいない今大会で最も活躍が期待されている選手

前大会は国民の期待を裏切り国内でかなり叩かれた

現在所属するレアルマドリードでのプレーも100%ではないと言われいてる

かつてミランで見せていたパフォーマンスを出すことができるか否かがチームを左右する





ハミレス
Ramires(ラミレス)

1987年 3月24日                  リオデジャネイロ出身
身長180cm 体重73kg                ベンフィカ所属
ワールドカップ初出場                 代表歴12試合
 

デビューした時は右サイドバック 本職はボランチ でもオフェンシブハーフもできる

ドゥンガの切り札 

その突破力と豊富な運動量で多分スーパーサブ的な起用が予想される

所属するベンフィカではかなり好調でサポーターから絶大な人気を誇っている

国内からはスタメン説が湧いているが

ドゥンガはジウベルト・シウヴァの控えで考えているようだ

独特の走り方からクルゼイロ時代はサポーターから

「ケニア人」とか「長い脚」などと呼ばれ親しまれた

その走りに注目だ!



ジュリオ パチスタ
Júlio Baptista(ジュリオ・バチスタ)

1981年10月1日                 サンパウロ出身
身長183cm 体重72kg           ローマ所属
ワールドカップ初出場       代表歴35試合7ゴール
 

サンパウロ時代はボランチの選手であったが

セビージャで攻撃的ミットフィルダー、セカンドトップをつとめ

62試合39ゴールという好記録を残し攻撃力の高さを証明している

その後銀河系軍団レアルマドリードの一員となったが

出場機会の少なさから新天地にイタリアのローマを選んだ

しかしローマでもレギュラー定着には至らず途中投入されることが多いようだ

右足の精度に注目だ!

もしブラジルが敗退するようなことがあれば

ロナウジーニョの代役として選ばれたこいつが集中砲火を浴びることになる(らしい)



クレベルソン
Kléberson(クレベルソン)

1979年6月19日                       パラナ州出身
身長177cm 体重64kg                    フラメンゴ所属
ワールドカップ出場2回目(2002)        代表歴29試合2ゴール
  

今大会メンバーの内、国内組の1人

2001年アトレチコパラナエンセで異常な活躍をし一気にセレソンまで上り詰める

23歳、控えメンバーとして臨んだ日韓ワールドカップであったが

大会途中から大活躍しブラジル優勝の原動力となった

以降5年間セレソンを離れていたが

コンフェデレーションズカップで負傷したアンデルソンの代わりに招集される

この時期にフラメンゴのリオ州選手権連覇の活躍がドゥンガに認められ

今回23人枠に入ることができた

今回のワールドカップはベテラン組としてどう戦うか?

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人気記事ランキング
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
逆アクセスランキング
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング